スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港警察最強説。『ポリス・ストーリー/香港国際警察』レビュー!

 19, 2016 21:00
001_2016111920212796c.png
 『ポリス・ストーリー/香港国際警察』(原題:警察故事、英題:Police Story)は、1985年に公開されたジャッキー・チェン監督主演のアクション映画。

002_20161119202128dd9.png

テーマ曲も有名!ジャッキー・チェンの代表作!

003_20161119202130bc2.png
 アクション映画にも色々ありますが、本当のアクションを観たくなったらジャッキー・チェン作品を借りるのが1番!という勝手なイメージを持って久々にジャッキー・チェンの映画を鑑賞。ジャッキーの代表作といえば『プロジェクトA』ですが、この『ポリス・ストーリー』も忘れてはいけません。あのテーマ曲も癖になる名作です!

香港警察の会議室で、香港最大の麻薬組織を摘発する重要な捜査会議が行なわれていた。ターゲットは、殺人にまで手を染めていたボスのチュウ・タオ。

数日後、チェン・カクー刑事(ジャッキー・チェン)は山奥のスラム街で張り込みをし、チュウの秘書サリナを逮捕した。その隙にチュウに逃げられてしまうも、車でスラム街を突っ切り、途中で乗り捨てて、チュウ一味にジャックされた路線バスを必死に追いかけ、何とかチュウも逮捕することに成功した。

そんなある日、突然サリナが釈放される。彼女には検察側証人になる司法取引が結ばれていたのだ。サリナの身辺警護を命じられたチェン刑事は、彼女の出廷を妨害しようとするチュウの部下たちと激しい闘いを繰り広げることとなる。


 ジャッキー・チェンのアクション映画の一番の見所は「スタントなしの超危険アクション」ですよね。この『ポリス・ストーリー 香港国際警察』ではデパートの3階から電飾をバチバチいわせてポールを滑り降りるシーンが有名。そしてそれだけでなくあらゆるシーンで決死のアクションを楽しめるジャッキー映画は本当に素晴らしいアクション娯楽映画だなと改めて感じました。

 しかし大変なのはジャッキー・チェンだけでなく実は他のキャストさんもだったりする。
彼らももちろんスタントなしのシーンが多くて、走り出したバイクから引きずり降ろされたり、ガラスのショーケースにぶん投げられたりと散々な扱い・・・。

 映画を観ているときもドキドキしますが、メイキングを観ている時は何が起きるかわからないから余計に怖い。
ジャッキー・チェンはよく今まで生きて入られたよなぁ・・・笑

アクションだけじゃない!香港映画にコメディを持ち込んだ男

004_20161119202131938.png
 昔の香港映画といったら暗い復讐劇が多かったそうです。
そんな香港映画界に明るい作風、コメディ要素を初めて取り込んだのがジャッキー・チェンだったようです。
そのこともジャッキー・チェンが今もアジアの大スターでいる理由の1つのように思えます。今作もそういったコメディ要素も多く含まれていて、下手なコメディ映画よりも面白く、アクション映画としても素晴らしい作品。

期待を裏切らない今後のアクション映画に注目!

005_20161119202132467.png
 ジャッキー・チェンは今後も多くの映画に出演する予定みたいですが、もう62歳。
十分すぎるほど名作を生み出してきましたがやっぱり大スターの活躍はいつまでも見ていたいものです。

COMMENT - 1

えいしん  2016, 11. 20 [Sun] 05:03

「ジャッキー・チェン」最高です!

えいしんです。

いつも素敵な映画紹介されているのに、なかなかコメント差し上げられなくてスミマセン。
上手くコメント出来るのか?と自問自答しているうちに、次のブログに変ってしまって「コメントしそびれたー」といった感じです(;汗)。
今回は、「ジャッキー・チェン」さんですね!
この方は、「自身の全てのシーンに、スタントマンを使用しない」ということで、いつも「ハラハラ、ドキドキ」して観ています。
ですので、映画撮影中でも、結構大けがされていながら、撮影続行ということも「日常茶飯事」だそうで、「支えるスタッフの苦労」が忍ばれます(;笑)。
また、素敵な「映画の感想etc」お待ちしています!!

それでは、お疲れさまでした。



Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。