スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
001_20161128132717ee4.png
 『マネーモンスター』(原題: Money Monster)は、2016年にアメリカ合衆国で公開されたスリラー映画。
監督はジョディ・フォスター、製作・主演はジョージ・クルーニーが務める。

002_20161128132718da3.png

ジョディ・フォスター監督作品!生中継で暴かれる真実

003_20161128132720d7c.png
 ジョディ・フォスターといえば、『告発の行方』や『羊たちの沈黙』で有名ですが、最近は監督としても映画やTVドラマを手掛けていたようです。しかしそのことがあまり耳に入ってこず、初監督作品だと思って本作を鑑賞。まさに素晴らしいの一言でした。


司会者リー・ゲイツの軽快なトークと財テク情報で高視聴率を稼ぐ人気テレビ番組「マネーモンスター」の生放送中、ディレクターのパティは、スタジオ内に見慣れない男がいることに気付く。
すると男は突然拳銃を振りかざし、リーを人質に番組をジャック。テレビを通じ、意図的な株の情報操作によって全財産を失ったと訴える。
男の言う情報は、番組が数日前に放送したもので、リーは無自覚に誤った情報を発信していたことに気付き、カイルと名乗る男とともにウォール街の闇を暴くために動き始める。


 内容的にはずっとTVカメラの前で繰り広げられるわけですが、最後はスタジオを飛び出し(なんかロケに出たみたいな言い方笑)街中を犯人とジョージ・クルーニーが、事件の発端である男の元まで歩いているというもの。
 あのままスタジオの中だけで話が終わるのではなく、外の世界に出すことによってまた違った緊張感を演出しているところは、やっぱり役者を経験した監督だとなおさら観客の心のつかみ方を知っているのだなと感心した。

 主演は『ヘイル・シーザー』でも見かけたジョージ・クルーニー。最近なんだか間抜けなおやじ役しか見ない気がするなぁ・・・と思っていたら、今作ではだんだんかっこよくなっていくおやじでした笑。

 しかし監督ジョディ・フォスターの実力は確かであることは、この作品を観て確信しました。今後は監督業に専念してこれを超える作品をバンバン作ってほしいものです。

これはクライム映画。ミステリーとしては考える要素がない

004_20161128132721ff5.png
 ジャンルはクライム映画となっています。
しかしこの映画の日本語版キャッチコピーは「真実は生中継で暴かれる」というもの。

 確かにその通りでしたが、推理というよりもただ順番に事実を整理していったら真実にたどり着いたって感じ。まあよく言えば何も考えずに観ることができて、それでいてクライム映画として成り立っているのはあっぱれですが、もう少し入り組んだ内容にしてもよかったように思えます。そのほうが意外性はもちろん、生中継という最高の素材をもっと面白く使えたのではないかと。

 まあ映画のジャンルなんて曖昧なものが多いですし、映画を決める際は”海外の”予告を観ることをおススメします。日本のは良いとこどりし過ぎで本編より一層面白く見えちゃって本当の映画の形が見えてこないことがありますので笑

文句なしのクライム映画!ドキドキすること間違いなし

005_20161128132722899.png
 放送中に何が起きるかわからないことが生放送の醍醐味だとよく言いますが、本当にその通りですね笑。本当にこの映画みたいなことが起きたら視聴率は爆上げでしょうしね。

 言い忘れましたがクライム映画というのは犯罪映画という意味です。
そういう意味では、株を題材にした市民たちの抗議、そしてTVカメラの前で繰り広げられる駆け引き。
こういう犯罪映画も悪くないと感じました。警察の汚職やヤクザの探り合い、銃撃線や殴り合い、そういうものを一切なくしたまったく新しく素晴らしい映画でした。
スポンサーサイト
001_20161108164554650.png
 『レザボア・ドッグス』(原題:Reservoir Dogs)は、1992年公開のアメリカ映画。クエンティン・タランティーノが、監督・脚本・出演の三役を務めた犯罪映画である。
 2005年にイギリスの映画雑誌「Empire」が発表したインディペンデント映画ベスト50において『ターミネーター』、『ユージュアル・サスペクツ』といった作品を抑えて1位にランクイン。

002_201611081645565fb.png

クエンティン・タランティーノ衝撃のデビュー作!

003_2016110816455712a.png
 『パルプ・フィクション』や『キル・ビル』などで知られるクエンティン・タランティーノの初監督作品。
見出しにあるように映画の宣伝には「衝撃の〇〇!」なんていうキャッチフレーズをよく見かけますが、この作品に関しては本当に衝撃のデビュー作です。話の展開、演出、セリフまわしなど、この作品を新人監督が撮ったとなると当時の映画界には激震が走ったでしょうね。

強盗のために集められた、お互いに素性を知らない人間6人がコードネームとして「色」を使ってお互いに名前を呼び合い、宝石強盗計画を実行したが、事前に警察はこの宝石強盗を把握しており、Mr.ホワイトと重傷を負ったMr.オレンジは命からがらアジトに逃げ帰る。
そこにMr.ピンクがアジトに到着し、「この中に裏切り者がいる」と言い始める。


 死んだ仲間、死にかけている奴、そして警察から潜り込んだ犬。誰を信じて誰を疑えばいいのかわからない心理戦。
というかみんな片っ端からお互いに銃突きつけあってたから肉弾戦か笑。

 『悪の組織に潜り込んだ警官が誰かを探り合うシチュエーション』この作品で確立されたでしょう。
その後を映画にも大きな影響を与えていること間違いなし。

面白く、過激。演出がかっこよすぎる

004_20161108164559ce3.png
 拉致された警官の耳を削ぎ落とすシーンはカメラに映っていないのにも関わらず本当に切ってますからね。
もちろんあらかじめつけておいた偽物ですが、切り口から流れ出す血やリアルな切り口まで。そこにこだわりを感じた。

 男たちの何気ない会話も面白い。最初のチップ払うか払わないか論争も良かったですが、組織に色にちなんだコードネームを付けてもらう場面が最高に好きです。

悪1「なんで俺がピンクなんだ」
    「あんたはホワイトだ。クールでいいよな」
悪2「なんだ?トレードでもするか?」
ボス「トレード?これは野球じゃないんだぞ」



悪1「なぁ、自分で色を選んじゃダメなのかい?」
ボス「ダメだ。前は全員ブラックを選んでケンカになった」


 こういう何気ない会話にもセンスが光っていて、笑える場面もしっかりシリアスな本編にも溶け込んでいた。
タランティーノはこういう無駄な会話を劇中に入れることが好きみたいなので、タランティーノ作品を観る時は少し気にしてみると面白いかも。

本当に血なまぐさい争い。必見!

005_20161108164600a2c.png
  こういう映画をクライムサスペンスと呼ぶらしいですが、今時の映画よりもよっぽど血なまぐさくて男らしくて、ある意味スッキリしている。思ったのは2時間サスペンスドラマを見るならこういう映画を観た方が絶対にいいと感じました笑
 クエンティン・タランティーノの原点でもあるこの『レザボア・ドックス』。
サスペンス好きと少しのグロ耐性がある方には絶対にオススメです!
001_20160811184453317.png
 『ボーダー』は米2008年、日本では2010年公開に公開されたアメリカ製作のスリラー映画。
ロバート・デ・ニーロとアル・パチーノが共演するのは1995年公開『ヒート』以来二度目の作品となる。
002_20160811184539cb6.png

よくある普通の映画。

004_201608111845409f4.png
 ターク(ロバート・デ・ニーロ)とルースター(アル・パチーノ)、2人のオジさん刑事コンビが悪党ばかりを狙う犯人を追いかける映画。犯人は警察官ではないか。次第に周りはタークに疑いの目を向ける。だが結局は相棒のルースターが真犯人でタークに撃たれ死亡。タークの疑いが晴れてよかったねEND。
 『ゴットファーザー』などのロバート・デ・ニーロとアル・パチーノの共演作ということで、やはい渋い。
しかし映画としては思ったより単調で盛り上がる場面は少ない、というよりない。これは別に映画自体が面白くないという意見ではなく、刑事物の映画なのでもっとドンパチが観たかったという個人的な感想です。

 最初からタークが犯人のような演出だったが、逆にタークが犯人でないと言っているような演出ですぐにわかる。だったら誰が犯人なのかという話になるが、作中の登場人物が少ないので消去法ですぐにルースターが犯人という答えが出せるはずだ。もう少し登場人物を増やして話を複雑にして『シックスセンス』みたいな意外性を持たせても面白い映画になったのではないかと思った。
複雑すぎても途中で寝てしましますけどね笑。

犯人への復讐は正しい道か?

003_201608111845453c4.png
 無罪判決を受けた明らかに犯人である被告人や、野放しになっている悪党たちを痛めつけていたルースター。この映画のテーマを考えると『報復』でしょうか。これはかなり大きなテーマで、現実でも被害者遺族が事件の加害者に復讐してしまう事件が多々あるようです。このことについては賛否両論ありますが、自分に置き換えて考えると復讐の気持ちを抑え込むことは出来ないでしょうね。でも劇中に被害者やその遺族が犯人に対しての復讐心みたいなものが描かれてなかったとこで、ルースターの独りよがりな感じがあったのでその辺の描写もしっかりしていればよかったかなぁ。

 違う映画の話になりますが、復讐が題材の映画だったら『完全なる報復』という映画が素晴らしいので是非ご覧ください。少しグロいですが、本当に傑作なのでオススメです!

見終わった後の感想

005_20160811184548419.png
 本当に登場人物も少ないですし話の内容も単純なので、すぐ終わったなって感じでした。上映時間は2時間はいかないものの1時間40分程度あるので映画としても短いわけでもありません。それでもなんだかんだ最後まで引き込まれてしまうということは、話の構成なんかがうまいんでしょうね。思い返してみると『悪人殺しは相棒だった』ってだけの映画だと気付き、よくこれだけの内容で面白い作品が作れるなと感心しました。

 しかしドラマやコメディ映画なんかと違って観終わった後とくになにも心に残らない。コメディのように前向きになれるわけでもなく、ドラマのようになにか人生にとって大切な物を教えてくれるわけでもない。どの映画必ずしもそんな教訓を与えてくれるわけではないが、観客としては心に残る何かが欲しいものです。
001_20160328142008849.png

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。