16年6月公開の注目作品!

 14, 2016 17:23
001_2016061406434628b.png

6月17日(金)公開予定

002_20160614064508482.jpg
『10 クローバーフィールド・レーン』【主演/メアリー・エリザベス・ウィンステッド】
 『スター・ウォーズ フォースの覚醒』の監督で、ハリウッドきってのヒットメーカーとして知られるJ・J・エイブラムスがプロデュースした謎のパニックアクション大作。
 ある日、見知らぬシェルターの中で目を覚ました若い女性ミシェル。そこには「君を救うためにここへ連れてきた」と話す見知らぬ男がおり、ミシェルと男の共同生活が始まるが……。
 ミシェル役は「ダイ・ハード」シリーズでジョン・マクレーンの娘ルーシー役を演じたメアリー・エリザベス・ウィンステッド。

003_20160614064509894.jpg
『帰ってきたヒトラー』【主演/オリバー・マスッチ】
 ヒトラーが現代によみがえり、モノマネ芸人として大スターになるというドイツのベストセラー小説を映画化。
かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸として人々に認知された男は、モノマネ芸人として人気を博していくが、男の正体は1945年から21世紀にタイムスリップしたヒトラー本人だった。
 ヒトラー役を演じるのは、舞台俳優オリバー・マスッチ。

6月18日(土)公開予定

004_201606140645104ea.jpg
『クリーピー 偽りの隣人』【主演/西島秀俊】
 岸辺の旅」でカンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞を受賞した黒沢清監督が、日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞した前川裕の小説「クリーピー」を実写映画化したサスペンススリラー。
 元刑事の犯罪心理学者・高倉は、刑事時代の同僚である野上から、6年前に起きた一家失踪事件の分析を依頼され、唯一の生き残りである長女の記憶を探るが真相にたどり着けずにいた。そんな折、新居に引っ越した高倉と妻の康子は、隣人の西野一家にどこか違和感を抱いていた。

005_20160614064513538.jpg
『貞子vs伽椰子』【主演/山本美月】
 「リング」の貞子と「呪怨」の伽椰子というJホラーを代表する恐怖の2大キャラクターの共演が実現した作品。
その映像を見ると貞子から電話がかかってきて2日後に必ず死んでしまうという「呪いの動画」を見てしまった女子大生の有里。そして、入ったら行方不明になるという「呪いの家」に足を踏み入れてしまった女子高生の鈴香。共に呪いをかけられた2人を救うために立ち上がった霊媒師の経蔵は、貞子と伽椰子を戦わせるという秘策に打って出る。

006_2016061406451436f.jpg
『THE FORGER 天才贋作画家 最後のミッション』【主演/ジョン・トラボルタ】
 ジョン・トラボルタ演じる贋作画家が、ボストン美術館を舞台に名画の贋作すり替えミッションを遂行する犯罪ドラマ。
仮出所まで9カ月となった贋作画家のレイ・カッターは、ガンを患った息子のウィルと少しでも一緒の時間を過ごすために、暗黒街を牛耳るキーガンに頼み込み、晴れて自由の身となった。しかし、出所の条件として、キーガンがレイに命じたのは、ボストン美術館に展示されるモネの贋作を作り、本物とすり替える計画だった。

009_201606140659282ab.jpg
『レジェンド 狂気の美学』【主演/トム・ハーディ】
 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のトム・ハーディが1人2役で双子のギャングを演じたクライムサスペンス。
『ザ・クレイズ 冷血の絆』(1991)などでもその人生が映画化されてきた、実在の双子のギャング、クレイ兄弟の栄光と破滅を描いた。1960年代初頭のロンドン。貧しい家庭で生まれ育ったレジーとロニーのクレイ兄弟は、手段を選ばないやり方で裏社会をのしあがり、アメリカのマフィアとの結託や有力者たちとの交流を深めることでイギリス社会に絶大な影響力を及ぼしていく。そんな中、部下の妹フランシスと結婚したレジーは彼女のために足を洗うことを決意し、ナイトクラブの経営に力を注ぐようになるが……。

008_20160614065927605.jpg
『好きにならずにいられない』【主演/グンナル・ヨンソン】
 43歳独身で女性経験なしのシャイな大男の恋愛模様を描いたアイスランド映画。空港の荷物係として働くフーシは、ジオラマ作りだけが楽しみという単調な毎日を送っていた。43歳独身、近所に住む少女と遊んでいるだけで誘拐犯と間違えられるような、さえない日々を送る息子を見かねた母親は、フーシにダンススクールのクーポンをプレゼントする。しぶしぶダンススクールへと出かけたフーシは、そこで1人の美しい女性と出会う。彼女へのほのかな恋心に胸をときめかせるフーシだったが、その女性は心に傷を負っていた。主人公フーシ役をアイスランドのテレビ番組などで活躍するグンナル・ヨンソンが演じる。

007_20160614065926057.jpg
『シリア・モナムール』【監督/オサーマ・モハンメド】
 現地の人々がとらえたシリア内戦初動時の生々しい映像の数々を用いて製作されたドキュメンタリー作品。シリアの人々によって携帯電話やハンディカメラなどで撮影され、YouTubeやFacebookなどに次々とアップロードされた映像を再構成した。
 山形国際ドキュメンタリー映画祭2015インターナショナル・コンペティション部門優秀賞受賞作品。

6月24日(金)公開予定

010_20160614065929029.jpg
『ダーク・プレイス』【主演/シャーリーズ・セロン】
 「ゴーン・ガール」の原作者ギリアン・フリンの小説「冥闇」を、「マッドマックス 怒りのデス・ロード『』のシャーリーズ・セロン&ニコラス・ホルトの再共演で映画化。1985年、カンザスの田舎町で母親とその娘2人が惨殺される事件が発生。生き残った8歳の末娘リビーの証言により15歳の兄ベンが逮捕され、ベンは終身刑を言い渡された。全米から注目を浴びた事件のせいで親戚の家を転々とすることになったリビーは、やがて自嘲的で無気力な人間になっていく。そして時は流れ、リビーが31歳になったある日、有名事件の真相を語り合う「殺人クラブ」からの招待状が届く。

6月25日(土)公開予定

011_20160614065930a0b.jpg
『ふきげんな過去』【主演/小泉今日子】
 小泉今日子と二階堂ふみが母娘役を演じる、劇作家・前田司郎のオリジナル脚本による監督作品。
小説家やシナリオライターとしても活躍する前田の映画監督作は、「ジ、エクストリーム、スキヤキ」に続いて、これが2作目となる。北品川の食堂で暮らす女子高生・果子の前に、18年前に死んだはずの伯母・未来子が突然やって来た。ある事件を起こし、前科持ちとなってしまった未来子の登場に、慌てふためく家族。未来子の出現によって、特別な夏へと変わっていく。
 未来子役を小泉、女子高生・果子役を二階堂がそれぞれ演じる。(引用元/映画.com)

6月は蘇るヒトラー!貞子vs伽椰子はホラー映画史に残る?

 先日まで使えるPCがなかったので、6月中旬からの紹介となります。
 『好きにならずにいられない』の日本版ポスターが改悪されたと賛否両論ありましたが、私的に気になるのは『帰ってきたヒトラー』。独裁者といえばヒトラー、その反対も然り。そのヒトラーが現代にタイムスリップ!現代を舞台に物まね芸人として活躍するヒトラーだったが、やはり中身はヒトラーだった。予告を観た感じだとそんな感じの話だった気がします。物まね芸人と独裁者。正反対のこの二つをどう演じ分けるのかも見物ですね。
 そしてもう一つとても気になる作品は『貞子vs伽椰子』。アンドじゃなくてバーサスというまさかの展開。『○○vs○○』ってB級映画の定番タイトルですよね。『貞子3D』のような化け物に走ることなく、ちゃんと霊vs霊の作ってほしいですね。たぶん観ることはないでしょうが笑

16年5月公開の注目作品!

 29, 2016 17:24
001_201604291634408fc.png

16年4月公開の注目作品

 29, 2016 14:34
001_20160328080730b4e.png

WHAT'S NEW?