スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
001_20161206211221000.png
 『ミラクル・ニール!』(原題: Absolutely Anything)は、2015年にイギリスで製作されたサイモン・ペグ主演のコメディ映画。
モンティ・パイソンのテリー・ジョーンズが監督を務め、他のパイソン・メンバーも声優として出演している。
この作品はロビン・ウィリアムズの最後の出演作品となりました。

002_201612062112227bd.png

どこかで見たことあるような設定を盛り込んだS・ペグの傑作!

003_201612062112234f4.png
 サイモン・ペグ主演の『ミラクル・ニール』ですが、何かが足りない。なんとニック・フロストが出演していないのです。
『ショーン・オブ・ザ・デッド』や『宇宙人ポール』、『ワールズ・エンド』などサイモン・ペグが主演を務めた作品にはほとんど出演してきた彼がいない。サイモンのコメディ作品に彼が出てこないなんて初めてのような気がしますがまあそれはいいでしょう笑


銀河法の定めにより、エイリアンが滅亡を狙う地球の運命を預かることとなったイギリスの教師ニール。なんでも願いがかなうという能力を手に入れたニールだったが、愛犬のデニスを話せるようにしたり、死者をゾンビとして復活させるなど、せっかくの能力をロクなことにしか使わず……。


全知全能の力、言葉を話す犬、最初に戻る。
あれ?なんかこれどっかで見たことあるなぁっていう設定をふんだんに盛り込んだ作品。

『ブルース・オールマイティ』の世界観に『ドクター・ドリトル』持ち込んで、『もしも、昨日が選べたら』のリモコンに『ジュマンジ』のすごろくを合わせたような作品とでもいうのでしょうか。
観たことない人にはわからないかもしれませんが本当にこんな感じ笑。最終的に全知全能の力は犬の願いによって消え去り、力が宿る前、つまり映画の冒頭のシーンに戻るところなんかが既視感たっぷりでした笑

 しかし今あげた作品はすべてアメリカ製作。
やっぱりイギリス製作の本作は似ている部分もありますが、そういう点では違ったようにも見えました。

ロビン・ウィリアムズ最後の出演作

004_20161206211224b8c.png
 2014年8月11日、自らこの世を去った名優ロビン・ウィリアムズの最後の出演作となったのがこの作品でした。
私としても人が好さそうで優しそうで、自分の子供にゼルダと名付けるほどのゲーム好きだったロビンのファンだったのでとても受け入れられなかった。
人を笑わせる、人に笑われるコメディアンは鬱になりやすいと聞きますが、そのことを身をもって感じた出来事でした。
 『ミラクル・ニール』では話せるようになった犬の声をロビンが演じたロビン。
本当にあの独特な声色、しゃべり方は聞いただけですぐにロビンだとわかる。
間抜けで主人思いのバカ犬にはたくさん笑わせてもらいました。

 エンドクレジットでアフレコ中のロビンの姿を見ることができた。冗談交じりに声当てをする姿はとても和気あいあいとしていてなんだかおもしろくも切ない。

 なんだかすこししんみりしてしまいましたね笑。思い出したらすこし書きたかったもので。

右手を振れば願い叶う。心温まるコメディ映画!

005_2016120621122639c.png
 最終的には全部なかったことになってサイモンは自分の力で良い未来を手に入れるわけですが、しっかりオチもあっていい終わり方でした。
劇中のように右手を振りながら願い事を言ってみたくなりました。なにも起きないですけどね笑。
しかしああやって物事をよく考えるだけでも人生はよくなりそうだななんて思ったりしました。
スポンサーサイト
001_201611251609536e4.png
 『殿、利息でござる!』(との りそくでござる)は、2016年5月14日に公開された日本映画。松竹・東日本放送共同製作。
東日本放送開局40周年記念作品[。主演は阿部サダヲ。キャッチコピーは『ゼニと頭は、使いよう。』

002_20161125160955f8e.png

庶民VS殿様。嘘のような本当の話

003_20161125160956acf.png
 『シン・ゴジラ』以来久しぶりの邦画。また変な題名付けたなぁと思いあの超駄作映画『ギャラクシー街道』のことが頭をよぎりましたが、とても面白く思わず見入ってしまいました。

「武士の家計簿」で知られる歴史家・磯田道史による評伝「無私の日本人」に収録されている一編
「穀田屋十三郎」を映画化。

江戸中期、財政難のため民衆に重税を課す仙台藩では、破産や夜逃げが相次いでいた。
寂れ果てた宿場町の吉岡宿でも年貢の取り立てや労役で人々が困窮し、
造り酒屋を営む穀田屋十三郎は、町の行く末を案じていた。

そんなある日、十三郎は、町一番の知恵者である茶師・菅原屋篤平治から、
藩に大金を貸し付けて利息を巻き上げるという、宿場復興のための秘策を打ち明けられる。
計画が明るみになれば打ち首は免れないが、それでも十三郎と仲間たちは、
町を守るために私財を投げ打ち、計画を進める。


 殿様にお金を貸し付け利息を貰い、町を豊かにしようと奮闘する庶民と町役人たちの話。
予告を観た時はそんな内容で2時間も持つの?とは思いましたが最後まで飽きることなくスッキリ終わることができた。

 劇中に出てくる造り酒屋の浅野屋さんが約300年前から今現在も受け継がれているみたい、映画のラストに出てきました。
その窓から現代の町並みを見下ろす先代浅野屋の山崎努さんのシーンが映画の締めくくりでしたが、今まで観た邦画の中でもかなり上位にくるくらいのお気に入りのシーンです。町が豊かに、人々が豊かになるよう祈っていた浅野屋さんのあの最後の笑顔にこの映画のすべてが詰まっているような気がしました。

サダヲに瑛太に。みんなハマり役

004_20161125160957cf8.png
 邦画というのはだいたいキャスティングがうまい。今回の『殿、利息でござる!』もそうだった。
主演のサダヲや瑛太もぴったりでしたが、脇役の寺脇康文や千葉雄大も結構ハマリ役で、寺脇さんはコメディ要素も含んだシリアスな演技が『相棒』の頃と全然変わってなくて嬉しかった。

 個人的には演者だけでなくナレーションの濱田岳も評価したい。
声を聞いただけであの人だとわかる独特な声にしゃべり方。映画を壊さない穏やかで優しい声が大好きです笑。

映画を観た後に分かる題名の深さ

005_20161125162346b76.png
 最初に書いたようにこの題名だけ見ると、なかなかふざけたようなものにしか見えませんが、実はそうじゃない。
数人の庶民が殿様に金を貸し付け利息を得るという、ある意味では挑戦的で大胆な行動。その行動を見た周りの人たちも協力してくれるようになり、貸し付けるには十分なお金が集まった。しかし殿さまもそう簡単には受け取らない。そこでの庶民と殿さまの攻防が面白く、それを短くまとめた『殿、利息でござる!』という題名は本当にピッタリです。

 観る前と後でこんなにも捉え方が変わる題名は初めてでした。是非皆さんも体験してみてください。
001_20161116192923d8c.png
 『ヘイル、シーザー!』(原題:Hail, Caesar!)は、2016年制作コーエン兄弟監督のアメリカ合衆国の映画。

002_20161116192925338.png

豪華キャストで持っているような作品

003_2016111619292699e.png
 ジョージ・クルーニーやジョシュ・ブローリン、スカーレット・ヨハンソンといった有名俳優が多く出演しているということで期待して鑑賞。

1950年代、テレビの台頭に危機感を抱いたハリウッドは、
命運をかけた歴史スペクタクル超大作映画「ヘイル、シーザー!」の製作に乗り出す。
ところが、その撮影中に主演俳優のベアード・ウィットロックが何者かに誘拐されるという事件が発生する。
映画スタジオ内で起こるどんなトラブルにも対応する汚れ仕事請負人エデは事件解決に向けて動き出すが、
その行く手で様々な騒動が起きる。


 しかし内容といえばジョージ・クルーニーが誘拐されるだけの話。盛り上がりさえなければド派手な演出もなし。
正直このキャストだからギリギリ最後まで観れた作品でした。ジャンルもサスペンスコメディとなってましたが、サスペンス色もコメディ色もそれほど強くない。ただ昔の映画スタジオの雰囲気を楽しめるオムニバス映画みたいな感じでした。昔の雰囲気を意識したミュージカルや人魚劇を結構な尺を使って再現したことや、西部劇出身の大根役者の訛りが取れないところが個人的に好きでした。

監督はコーエン兄弟。本当はオムニバス?

004_2016111619292844a.png
 監督はコメディ作品を多く手掛けるコーエン兄弟。
上記ではサスペンスコメディと記しましたが、調べてみるとオムニバス映画だという噂も・・・
それだったらあの内容でも納得ですが、日本版パッケージ裏にはしっかりとサスペンスコメディと書かれていたような笑。
サスペンスと思って、コメディと思ってこの作品を借りない方がいいです。コメディ要素は最初の30分くらいで、サスペンス要素は正直皆無ですので。

面白いっちゃ面白い。気軽に観てほしい

005_20161116192929d02.png
ジョージ・クルーニーなど魅力的な俳優のコミカルな演技は素晴らしかったですが、映画としての点数は低いです。
豪華なTVスペシャルと言われた方がしっくりくる作品でした。
001_201610161105579f5.png
 『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』(The World's End)は、エドガー・ライト監督、ライトとサイモン・ペグ脚本、ペグとニック・フロスト出演によるイギリスのSFコメディ映画。
 スリー・フレーバー・コルネット三部作としては『ショーン・オブ・ザ・デッド』(2004年)、『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-』(2007年)に続いて3作目である。

002_20161016110558f61.png

サイモン&ニックコンビがまさかのSF?

003_201610161105595b2.png
 サイモン・ペグとニック・フロストのコンビと言えばやっぱりコメディ。
『ショーン・オブ・ザ・デッド』や『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン』など傑作ばかりですが、今回はコメディというよりSFに近かったです。『宇宙人ポール』ではしっかりSFコメディやってましたが、今回はなんだかメッセージ性が強くて最後には少し感動。

 昔達成できなかった梯子酒を終わらせるため故郷に帰ってきたおっさん5人組が、
その途中周りが人に成りすましたエイリアンだらけだということに気づく。



序盤は愉快に酒を飲むだけの映画だったのに、いきなりエイリアンが出てきて首がもげるのだからビックリ。
「なんで頭とれるの?」「こいつらどこからきたの?」「なんで血は青なの?」と一気に疑問がわいてきてあそこのシーンから一気に映画に引き込まれました。

 結局エイリアンの正体はネットワーク。自我を持った実体のない奴らが攻めてきたというわけです。いわゆるコンピュータが人間を超える2045年問題。しかしそう考えると45年まで相当あるし、おっさんたちの故郷が昔と変わらず何も発展してなかったことが笑えるし悲しい・・・笑。

酔っ払いが世界を救った・・・のか?

004_20161016110601e6e.png
 映画のラストは酔っ払いに馬鹿にされたネットワーク君は地球から離れて行ってしまい ます。そして地球上のネットワークは壊滅し使えなくなってしまい、世界は荒廃していくEND。

まさかのハッピーエンドじゃないんです。

 地球は世紀末だし、エイリアンと交換された人々は帰ってこないし・・・。
今の人類にはネットワークがなくなると生きていけなくなる人が大勢いると、本当にあの映画のようになりそうで少し怖い。エイリアンが元の人を演じて生きていくってとことか、ある意味『ショーン・オブ・ザ・デッド』と似ているなと思った。
しかしこれでは世界を救ったとはいえないような。
サイモン・ペグが救ったのは世界じゃなくて酒場ですね笑。

 ここでやっぱり気になるのが邦題。
原題は『The World`s End』。サブタイトルなんてついていないんですよ。ハッピーエンドだったらあのサブタイトルでもギリギリよかったと思います。この作品に限りませんが邦題を付けている人はちゃんと映画を観ているのか疑問です。

コメディー・SF・ド迫力!

005_2016101611060212d.png
 いつものサイモンとニックのやり取りで笑わせてくれたり、しっかりとしたテーマのあるSF物語。
そして圧倒されるほどのド迫力シーン。ラストのネットワークの爆発から逃げくシーンはコメディーでこんな迫力のあるシーンは観たことないと思うほどでした。
 物語はありながらも何も考えずに笑って観ていられる作品でした。こんなものいちいち考えてみてたら頭おかしくなりますよ。だってなんの意味もないんですから笑。

001_20160924180040b0f.png
 『スーパーマリオ 魔界帝国の女神』(原題: Super Mario Bros.)は、テレビゲーム『スーパーマリオブラザーズ』を元に1993年にアメリカ合衆国で50億円の制作費を投じて製作された実写映画である。

 『スーパーマリオブラザーズ』の開発元である任天堂は製作には関与しておらず、ゲームとは世界観が異なる。ビデオ化の際にタイトルは「スーパーマリオ」へ変更されたが、DVD化の際に原題に戻された。

 日本公開時のキャッチコピーは「マリオが、ハリウッドを本気にさせちゃった。」 2016年7月TUTAYAで「発掘良品」としてレンタルされた。

002_20160924180041515.png

公開20年の時を経て、ついに観れた!

003_20160924180042469.png
 ある意味で映画界、ゲーム界にその名をとどろかす実写版スーパーマリオ。
そんなあの迷作が今年7月からTSUTAYAでレンタルを開始していたということで実写版マリオを観るという1つの夢が叶いました泣。

主演の代役をしたボブ・ホスキンスに「僕の生涯で一番最悪な作品」とまで言わしめたこの作品を干渉しないわけにはいかない!ということで長年待っていたわけですが、観る前の期待値が恐ろしいほど低かったおかげか、普通に面白かった。

 ニューヨーク・ブルックリンで配管工の仕事をしているマリオとルイージはデイジーと出会い、なんだかんだあってその昔地球に隕石が衝突したときにできたもう一つの次元、恐竜王国に迷い込む。
そこは大魔王クッパが牛耳る世界だった。


 ゲームとは全く違った世界観のマリオブラザーズを素直に楽しめた。
そこらへんにある普通の作品なのになんで評価が低いのか考えてみたら、まず観たことのある人が少ないんだろうと。
20年もDVD化されてなかったこと、そしてあまりヒットしなかったことで

「マリオの実写版なんて面白くねーだろ笑」という勝手なイメージがついてしまったのかなぁと考えた。
漫画の実写版でもかなりひどい出来なのに、ストーリー性のないマリオというゲームの実写版なんて、と考えるいわば食わず嫌いな勝手な意見が定着してしまっている。これって結構悲しい・・・。TSUTAYAさんも人目につかない棚の一番下においてたし、もう少し名作B級映画といてプッシュしてもいいくらいの作品です。

もう少しマリオ感が欲しかった。

004_20160924180044f49.png
 マリオやルイージ、デイジーはまだいいとして問題はクッパさん。
クッパのクッパ感が髪形しかなかったのが残念でしたね笑。最後のほうに退化銃をつかってだんだん恐竜っぽくなっていって「おお!?ついにクッパ様の登場だ!」と思った矢先、クッパまさかの液状化。やっぱり最後は恐竜クッパをマグマなんかに落として欲しかったですね笑

 キラーやボム兵、ヨッシーとかも登場しましたが、一歩間違えたら「これマリオじゃなくてもいいよね」ってなるくらいマリオ要素が少なかった。とりあえずオーバーオール着させとけって感じでしたが、着たシーンは盛り上がりましたね笑。
 しかし下手にデフォルメしないでヨッシーをリアル路線でいったのはよかった。CGもなにげに手が込んでましたし、あの世界で下手にそんなことしたらヨッシー浮きまくって、間違いなくZ級映画の仲間入りしてましたよ笑

 しかしマリオの恋人の名前がダニエラって。なんでピーチじゃないの?笑

ぜひ暇なときは観てみてください!

005_20160924180045f19.png
 ポップコーンを用意するほど本腰を入れて観る必要はないので、気軽に観ていただけたら嬉しいですね。
マリオブラザーズのはちゃめちゃコメディをぜひ!

 ちなみにこの作品、製作費は50億円だそうです笑

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。